読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手に感想録。

テレビ番組の感想を勝手に書いてます。

CRISIS公安機動捜査隊特捜班②【ドラマ感想】

第二話を見て

このドラマは特捜班のみんなは軽いタッチだけど内容が重い…第二話もかなり重い内容です。

 

田丸(西島秀俊)にフリージャーナリスト古垣から電話が。「国の危機に関すること」だという古垣に緊急性を感じた田丸は会うことにする。待ち合わせ場所に来た古垣は、田丸の目の前で毒物による中毒で倒れて「アリス」という名前を残して死亡した。不吉な予感がした田丸は、その場を離れて古垣から送られていた画像を頼りに独自で捜査を始める。

たどり着いたのはあるマンションの一室。何かに感づいて付いてきた稲見(小栗旬)を外に待たせて一人マンションの部屋に入る田丸。すると、いきなり男が襲ってきた。

そんな中、古垣のUSBから古垣の死に関する手がかりが出てくる。その内容に、古垣の死には何かとてつもない事実が隠蔽されていると感じた吉永(田中哲司)は、この件に首を突っ込むかどうかを班員に確認する。「もちろん行きます」という田丸に反して稲見は「俺は降ります」とどこかへ行ってしまうが…

 

聞き込みの結果、ある一軒家から意識不明の女性が救急車で運ばれたことを知る。その女性は「アリス」。彼女は今も意識不明で入院していた。付き添う少女に話を聞こうとするとひどく怯えて家に連れ戻さないでと懇願した。アリスと少女は、家出をして生活のために売春をしていたが、その相手が政府関係者という事実に愕然とする田丸達。

アリスと少女を救うためすべてを暴こうとする田丸に鍛冶(長塚京三)は「政治家の下半身を暴いたところで何にもならない。それよりも、その少女の治療費を一生払わせる約束をした」と言って待ったをかける。納得がいかない田丸だが、力及ばない自分に落ち込む。

その頃稲見は、アリスの病室にいた。アリスを守るためだ。案の定、アリスの病室にはマンションで田丸を襲った男がやってきた。アリスを救った稲見もまた、この国の腐ったシステムに心を痛めることとなる。

 

腐ったこのシステムを変えてみせます

鍛冶に諭されたときに言った田丸のセリフです。

少女を意識不明になるほど行き過ぎた行為をする政治家…政治家専用の売春宿って本当にあるのでしょうか?あったとしてもトップシークレットでしょうね。

宗教団体に潜入捜査している夫の帰りを待つ石田ゆり子さん演じる林千種と田丸の関係がわかりましたが、この二人…というか田丸は千種が好きなのかな?

今回は結局、アリスをひどい目に合わせた政治家はおとがめなし。なんとも後味の悪い話です。また出てきたら田丸や稲見にコテンパンにされることを祈ります。

最初のシーンで格闘の練習をしていた西島秀俊さんの二の腕の筋肉を見て喜んでいた自分がむなしいな…第三話ではすっきりしたいです。

 

 可愛い小栗ンで癒されよう。

 

www.ktv.jp

今回も読んでいただきありがとうございました!

 

 

広告を非表示にする